ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

映画「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」を観ました。

2019年8月31日、109シネマズ川崎にて。

 

・昔のほうは見てないはず。(これだけのお話なら見ていれば覚えてそうなのでおそらく見てない)

 

・映画の「名探偵ピカチュウ」は見てたので、ミュウツーさんってこういう役回りなんだなーみたいな

・ある意味では中学生くらいでこじらせたみたいなものでもあるのでしょうけれども、普遍的な悩みでもあるのかも

・Virtual to LIVE の歌詞にある「どうしようもなく 今を生きてる」みたいな

・ジョー・力一(りきいち)さんの持ちネタでミュウツー漫談というのがあるのを後から知ったり

 

・ぼく自身はポケモンにあまり触れてこなかったもので思い入れみたいな部分はだいぶ小さいのですが、フシギダネさんヒトカゲさんゼニガメさんみたいなゲームの設定的な部分をこうやって物語に組み込まれると、プレイヤーだったらぐんっと身近なものとして引き込まれそう。

ミュウツーさんが「お前たち」と語りかけるとき、それは作中のサトシさんたちへの呼び掛けであると同時に、観客兼プレイヤー(ポケモンマスター)への呼び掛けでもあるかのような

 

・一方で、ミュウツーさんは自分が苛まれている苦しみを他のポケモンたちにも広げようとしていて、あのあたりはブレーキがこわれちゃってた感じ

ダークプリキュアとかああいうの

・コピーの子たちに自我がなければまだしも、たぶん自我的な意識は芽生えてしまってたっぽいんですよね

・いや、自我が無ければ無かったでやっぱり哀しい存在ではあるのですが

 

ポケモンという生物は根元的に戦うことを避けられないのかしら

・必殺技は使わない、なんて縛りを課してしまったがために、余計にあの状況の残酷さがいや増してしまったというか

 

・そんな中にあって、ニャーさんの風流さはとても際立っていました

 

 

 

二ノ国 感想

映画「二ノ国」を観ました。

2019年9月7日、シネマサンシャイン沼津にて。

 

推理もののドラマで容疑者の中に大物俳優さんがいると犯人が丸わかり、みたいなメタ読み手法がありますが、その対策としては容疑者の大物俳優さんを複数用意するということになるのでしょうか。

山寺宏一さんと宮野真守さん津田健次郎さんが同時に存在していていずれも胡散臭い。

マルチエンディングのゲームだったらそれぞれがラスボスになるルートとかあってもよさそう。

 

 

という与太はさておき、やはり「あした世界が終わるとしても」と対比するのがわかりやすいのかしら。

世界観(設定みたいな意味合いでもありますがどちからというと本来の世界の見方、視座みたいなほう)が真逆なような共通なような。

2つの世界に似たような人が存在しているとき、片方を助けるためにはもう一方を消さなければならないという考え方と、2つの世界の存在は根がつながっていて片方に何かあればもう一方にも影響が及ぶという考え方とが衝突してしまっていて。

この手のフィクションに馴染んでいるといつの間にやらそういう考え方も身についてしまってましたけど、わりと馴染みがないとわりと突飛な発想でもあるのかしら。

ハルくんの頑固さというか、ユウくんのことを夢想家みたいに扱って、意固地に「そういう設定なんだ」というのを受け入れようとしない姿勢は、見ているこちらとしてはじれったさもどかしさみたいなものを感じてしまったり。

 

ユウくんがお姫様と空飛ぶお船でバーフバリごっこしていたときにハルくんが何をしていたのかは劇中では描かれていなかった気がしますけど、自分を仲間外れにしてユウくんとお姫様だけでいちゃいちゃしてたと知ったらそりゃあハルくんもいい気はしないでしょうし、あのあとの意固地な態度もそのあたりから来ていたりしたのかしら。

 

 

この映画でいちばんつらかったのは、身内に裏切られて大切な家族を失った人に対して、大切な人を守るためなんだといって力でねじ伏せるところ。

その、自分を打ち倒そうとしている大切な人を守るための力こそ、彼が欲していたものだったろうと思うと、ほんとつらい。

力こそ正義。悲しい。

 

 

 

 

 

BanG Dream! FILM LIVE 感想

BanG Dream! FILM LIVE」を観ました。

2019年9月13日、MOVIX清水にて。

 

恥ずかしながらバンドリさんのことはあまり存じ上げなくて、テレビアニメシリーズのきらきら星の印象がなんとなくある程度で二期の評判がいいらしいのも横目でふーんという感じで見ていたのですが、なるほどこれはすごい。

ロゼリアさんとかめちゃめちゃかっこいい。

 

で。

個人的にはこのところの興味関心がいわゆるvtuberに向いているもので、vtuberさんでガチガチのバンドやってるグループとかいたかしら、なんて思ったり。

にじさんじではバックステージズとか解散ギグとか突発的に結成したり解散したりしてるのは記憶にあるのですが。

 

3Dの技術次第では、CGの身体で生演奏なんてのも夢ではなくなるのかしら。それこそバ美肉バンドなんて出てきたりするのかも。

 

vtuber さんがバーチャルでもマテリアルの箱でも音楽ライブを開催する機会が増えてきてますが、そんな中にあって、樋口楓さんのKANA-DERO みたいにバーチャルの演者さんと生身のバンドによる生演奏のハーモニーな相乗効果はとても大きかったように思っていて、(観測範囲が狭いので他にもやってる人はいるのかもですが)、でろーん5 の方々がバーチャル受肉したらどんな風になるんだろう、みたいな興味がわいてきました。

 

 

 

話が脱線しすぎましたが、バンドリに戻りまして。

 

先日のうたプリまじLOVEキングダムも上映時間丸々ライブステージという構成で、本作のフィルムライブも構造的には同じだと思います。

アイドルのステージとロックバンドの野外フェスとではまた意味合いも違うのかもですが。

ポピパ、アフターグロー、パステルパレット、ハローハッピーワールドロゼリア、でしたか、5つのバンドがそれぞれにそれぞれの特色を出していました。

ロゼリアさんがかっこいいのは上にも書いた通りですが、ハローハッピーワールドさんのステップというか軽やかな足さばきがものすごかったのも印象的でした。

 

あとはネタバレになりますが、アンコールに向かうまでの流れが、ほんとにライブって感じでしびれました。ああいうの好き。

 

 

イソップの思うツボ 感想

映画「イソップの思うツボ」を観ました。

2019年9月1日、川崎チネチッタにて。

 

・ウサギさんとカメさんと、あとなんか巻き込まれた人たちのお話でしょうか。

・凝っててよくできてるなーと思う反面、お話のための設定になってしまっていやしないか、みたいな少し距離をとって見てしまっていた部分はあったかも

・あっ、と驚くような仕掛けがちょこちょこあって、そういうのは楽しいです

・ほんのり百合要素もよき。(雑な百合アンテナ)

 

・お金持ちの道楽にしてはしょぼしょぼなのが悲しい

・本格的な大金持ちというよりかは小金を手にしてもて余した人たちがカモにされてただけなのかも

 

・少し前に暴力的な映像を見た後にパートナーとイチャイチャすると興奮が増すみたいな記事を見かけた気がしますけど、そういう人たち向けなのかも

 

・そのためにわざわざ事前に台本を用意したりして周到なあたり、イベント運営の手腕は優秀だったのかも

・ただ、その用意を過信しすぎてしまって不確定要素を盛り込みすぎたのが、敗因なのかしら

 

・とかく即興劇は難しい

 

佐伯日菜子さんきれい

 

 

fkt2.hatenadiary.jp

fkt2.hatenadiary.jp

 

 

プリズマ☆ファンタズム 感想

Fate/kaleid liner Prisma Illya プリズマ☆ファンタズム」を観ました。
2019年7月5日、EJアニメシアター新宿にて。

プリズマイリヤシリーズにあまり触れてきていなかったもので、登場人物の来歴がわからなくて、知っていればもっと楽しめただろうにともったいないことをしてしまった気持ちでした。
・作品が悪いのではなくて、こちらが見るための準備が足りてなかった

ゴレンジャイについては、ぼく個人はたぶんイリーガルな経路で見たことがある程度の知識なもので、触れていいのやらどうなのやら

 

・予告編でSHIROBAKOが流れて劇場版のかと思ったらdアニメストアの宣伝だった

 

 

センコロールコネクト 感想

センコロールコネクト」を観ました。
2019年7月5日、バルト9にて。

・前作の「センコロール」も見た記憶はありますが内容はすっかり忘れていたので、前作と続けての上映でありがたい

・宇木さんの絵、やっぱすき
・登場人物が立ってるだけの絵でもなんか情報量多い
・目の動きとかも
・会話のテンポ感もすき。間とか

・とてもよかった

・銀髪の人を見るとでろーんさんかなとか思ってしまう自分に驚いたり