ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

国立新美術館「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション」へ行ってきました。

これを見ずに、印象派は語れない。だそうです。


マネ、モネ、ルノワールゴッホセザンヌ、などなど、名前だけでも恐れ多くなりそうな名前がずらりと並びます。

壮観です。

展示されている作品群も、さすがの迫力で、見応えがあります。

印象とは何ぞや?、というあたりから丁寧に解説してくれるのもありがたいところです。

ただ、筆致だの筆なんとかだの、専門用語っぽいものには辟易してみたり。

ともあれ、描画環境の変遷によって、新たな手法が確立されていく過程を俯瞰できたかのようで、楽しいものでした。

その極致が、スーラの点描に至るのかと思うと、感慨深いものです。